葬儀の費用と心付け

葬儀で心づけを渡す相手


トップ / 葬儀で心づけを渡す相手

葬儀のときの心付けとは

日本では葬儀費用とは別に、心付けを渡す風習があります。いわばチップのようなものなので、必ず渡さなければいけないというものではありませんし、地域によってはないところもあります。金額にも決まりはありませんが、気持ちとして用意しておく方が良いでしょう。渡す相手は、霊柩車の運転手、マイクロバス・ハイヤーの運転手、火葬場の火葬夫、休憩室の接待係・配膳係、お手伝いにきてもらった近所の人・知人などです。火葬場や斎場が公営の場合、心付けを受け取らないこともあります。金額や渡すタイミングが分からないときは、葬儀会社の担当者に相談すると良いでしょう。

冠婚葬祭マナーと心付け

冠婚葬祭でのマナー、今回は葬儀での心付けについてです。いわゆるチップなのですが、担当者や霊柩車の運転手の方等へです。勿論、強要されるものではなくご遺族の自由です。ただ、大抵の冠婚葬祭マナーとしてはお渡しするようです。殆どの平均的な相場は、2000円から3000円のようです。ここで大体の相場を記しておきます。霊柩車の運転手3000円から5000円、マイクロバスの運転手2000円から5000円・休憩室接待係り2000円から5000円、お手伝いに来てもらった近所の方達2000円から3000円、葬儀社担当5000円から10000円です。あくまで気持ちですが、お互いに気持ちよく葬儀が執り行えるように、渡しておくのがベストでしょう。

葬儀の写真に関する情報