葬儀の補助を受ける

葬儀を行う余裕が無い時は


トップ / 葬儀を行う余裕が無い時は

生活保護受給でも葬儀が出来る

葬儀はお金がある人が行うことだと思われていることがあります。しかし生活保護を受けているので、難しいという場合もあります。最近ではそんな方のためにリーズナブルな価格で行うことが出来るようなプランもあります。お葬式は旅立ちのためには必要な儀式です。お別れを言いたい人もいるでしょう。直葬という形で式を執り行わずにそのまま火葬をしてしまうという方法もあります。そうなるとかなりリーズナブルな価格で行うことが出来るのです。また、生活保護を受けている人が亡くなった時に葬儀をサポートをしてくれるNPO法人もあり、利用者も増えています。

生活保護受給者が亡くなった場合

生活保護を受けている方がお亡くなりになった場合や、生活保護を受けている方の親が亡くなった場合、各自治体の福祉事務所の判断で「葬祭扶助」が適用され、公費で葬儀を行なうことができますので、喪主やご遺族に負担がかかることはありません。しかし、お亡くなりになった方に遺留金があったり、喪主や別の世帯のお子さんなどの生活に余裕がある場合には、葬祭扶助が適用されない場合があります。また、お葬式を行なってから申請することはできませんので、お亡くなりになったら速やかに民生委員、または福祉事務所や区役所、市役所の福祉課に連絡をしましょう。負担なく、葬儀を執り行うことができます。

葬儀の写真に関する情報