葬儀で受付をする

葬儀の受付に関する話


トップ / 葬儀の受付に関する話

葬儀の際の受付について

葬儀での受付けは、親族や、近所の人、故人の会社の人などが会葬者の対応をします。弔問客を迎える事だけではなく、会葬者に駐車場の場所や、トイレの場所、開始時間などを確認される事がありますので、会場のレイアウトと、式の開始時間は頭に入れておくようにすると良いでしょう。弔問客がお悔やみを述べたら遺族に代わって弔問のお礼を言います。香典を受け取る際には、両手で香典を受け取りお預かりしますと伝えて一礼します。その後、弔問客に芳名帳に記帳して頂いてください。香典が管理しやすいように、事前に芳名帳の行ごとに番号を振っておくと良いでしょう。葬儀の後に、返礼の品を渡します。

お葬式の受付を頼まれたら

近所の方が亡くなって、あるいは会社のどなたかの家で不幸があって、葬儀の受付を頼まれる場合があります。忙しい遺族の代わりなので、弔問に来られた方への挨拶や、お辞儀などを丁寧に行わなくてはなりません。たとえ久しぶりの友人、知人に会っても話し込むようなことは慎むべきです。気をつけるポイントとしてはいくつかありますが、まず、弔問客が記帳し忘れていないかをきちんと確認します。また一番重要なのはお金の管理です。葬儀の際、香典の盗難は意外と多いので、受付には交代で必ず誰かがいるようにします。そのほかには特別なことがないかどうか、喪主に聞いておきます。あとは葬儀社とよく打ち合わせをして進めるとよいです。

葬儀の写真に関する情報